長い眠りから覚める


by xwqufjhhlm

<M・ジャクソン>再発見 死後アルバム100万枚 (毎日新聞)

 昨年6月に急逝したマイケル・ジャクソンの人気が沸騰している。死亡後のアルバム総売り上げは、オリコン調べによると100万枚を突破。DVDも70万枚以上売れ、洋楽系アーティストのDVDとしての最多売り上げ記録を更新した。今なぜ、マイケルなのか。【中川紗矢子】

 ファンの一人、東京都調布市の会社員、池田繭子(まゆこ)さん(33)は突然の死亡で興味を持ち、インターネットで調べるうちにとりこになった。児童虐待疑惑で騒がれたマイケルだが、「熱心な慈善活動など世間のイメージと違う人間性に驚いた。ダンスも曲も素晴らしい」と毎晩遅くまで、サイトで動画を見ている。

 ファン増加の原動力となったのが、英公演のリハーサル模様を収めたドキュメンタリー映画「THIS IS IT」だ。「ポップの王様」の歌と踊りのほか、スタッフにアドバイスする様子など自然体の素顔を映し出す。31日間の限定上映ながら約352万人を動員して昨年の洋画興行トップ3入り。人気が高く、12月下旬から再公開された。

 熱狂的なファンもいる。埼玉県の女性(33)は映画を28回見にいき、徳島県の塾講師女性(41)は生徒5人を映画に連れてゆき、料金はすべて負担した。初回上映の最終日の11月27日は、多くの館でチケットが完売、追加上映が相次いだ。東京のTOHOシネマズ六本木ヒルズでは、深夜4時の回まですべて満席で完売。映画館を貸し切りで踊りながら見るイベントも行われた。

 「マイケル・ジャクソン全記録1958−2009」(ユーメイド)の訳・監修を手掛けた音楽評論家の吉岡正晴さんは「映画はリハーサルだけど、ライブパフォーマンスがすごい。エンターテイナーとしてのスケールの大きさに新しいファンがついている」と話す。

 音楽評論家の富沢一誠さんは「『話題になっているから乗り遅れたくない』という姿勢がブームを大きくしている」と分析する。

 マイケルは地球環境や反差別をテーマにした曲を多く歌った。米国在住の作家・冷泉彰彦さんは米国でも、若者層にファンが広がるなど、再評価が進んでいるという。「オバマ大統領になって雰囲気が変わり、米国一国より世界全体、という平和のメッセージがスッと入っていった」

 どんな言葉が人の心をとらえるのか。

 横浜市でIT関連会社を経営する大西恒樹さん(45)はマイケルの曲を独自に訳し、ブログで公開している。

♪…十分な食べ物もない 路上の子どもたちを見て 見ないふりをする僕は何者なんだ?(中略)僕は鏡の中の自分から始めるよ(「MAN IN THE MIRROR」より)

 「政治や社会を変えるのは簡単ではないが、個人でもできることがあると教えてくれる。マイケルは自分から何かやろうと思わせてくれるのです」

【関連ニュース】
紅白歌合戦:曲順発表 大トリは北島三郎さんの「まつり」
商店街でマイケル・ジャクソンさん追悼ダンス 突然のビートに熱狂
M・ジャクソン:急死から半年「THIS IS IT」やCD、DVDが大ヒット 追悼番組も
紅白歌合戦:SMAP、マイケル追悼ステージに「本気」 キムタクも「マイケルの体力すごい」と
紅白歌合戦:マイケル・ジャクソン追悼特別ステージを展開 SMAPら有志、振付師も来日

てつやのブログ
b1rawspzのブログ
債務整理無料相談
モバイル ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
[PR]
by xwqufjhhlm | 2010-01-07 20:02